Welcome to my blog

ふぇぎふぇぎ

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

ATmega328P-PUにArduinoのブートローダーを書き込む

Category - 電子工作

Arduino UNOを使ってATmega328P-PUにブートローダーを書き込む手順を忘れないために記述しておきます。この記事を読んでいる方は何のためにブートローダーを書き込むのか分かっているかと思いますのでいきなり本題に入りたいと思います。

※ArduinoIDEは1.6.3を使用しています。最新版をダウンロードしたらまた書きます。他のマイコンでも出来るのかもしれませんがATmega328P-PUしか持っていないので、手に入ったら試してみたいと思います。

配線する

下図のように配線します。クロックは必要ない場合もありますがつけておいて問題ないです。抵抗器やコンデンサなどは不要です。ちゃんと書き込めました。こちらでは未確認ですが、右側の電源もいらないかも?

bootloader writing

パソコン側の準備

Arduino IDEで「スケッチの例」から「ArduinoISP」を開き、Arduinoに書き込みます。書き込めたらツールタブから書き込み装置を「Arduino as ISP」にして「ブートローダーを書き込む」を選択します。しばらく待って「ブートローダの書き込みが完了しました。」と表示されれば完了です。

おわりに

つづきを書きました。ATmega328P-PUに内蔵8MHzスケッチを書き込む

参考

Category - 電子工作

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。